バーベルのケア方法


バーベルシャフトとローレット:

メンテナンスの方法は表面処理や使用環境によって異なりますが、100%耐食性を持った材質の製品はありません。しかしながら、下記のステップを踏むことでパフォーマンスは向上し、見た目も美しく保つことができます。もちろんバーベルの寿命を伸ばす効果もあります。

硬いワイヤーブラシを使って、ローレットやシャフトの他の部分から出る汚れ、かすを定期的に取り除いてください。ステンレススティール、硬質クロム、粗銅を使ったバーベルにはステンレススティールブラシを使用することを強く推奨しています。その他の表面処理には硬いナイロンブラシを推奨しています。

バーベルのケアを頻繁に行うのであればブラシだけでも問題ありませんが、防錆潤滑剤をはじめに全体に塗っておくことで頑固な汚れも取れやすくなりますし、耐食性も増します。LPSのような防錆潤滑剤はお勧めです。防錆潤滑剤を使ってバーベルを磨いた後にすぐトレーニングで使用したいのであれば、409クリーナーのような脱脂剤を使って軽く拭いた方がいいでしょう。

ブッシング:

もしチョークを頻繁に使うとなると、チョークがブッシングに入り込みバーベルの回転に影響を与えることがあります。都度拭き取るためにいちいち分解する必要はありません。シャフトと同様に防錆潤滑剤をブッシングに塗って(バーを垂直に立てて)、全体に回るようにスリーブを回転させます。注意点として、シリコンを含んだ物は使用しないでください。シリコンを使うと潤滑剤やブッシングシステムが乾いてしまいます。

上記のケアはブッシングシステムのみ必要です。ベアリングバーにおいては必要ありません。